YURIKO's INFO


☆Twitterはこちら:https://twitter.com/YURIKOHOSHINA

☆チームホッシーナ主宰
チームフェイスブック:https://www.facebook.com/teamhoshina
チームブログ:http://ameblo.jp/teamhoshina/
チームツイッター:https://twitter.com/teamhoshina
チームインスタ: https://instagram.com/teamhoshina/

2017年4月12日水曜日

試演会まであと10日

映画監督の紀里谷和明監督が主宰のTheater LOVにて、去年の8月から演技講師を務めています(5月以降は未定)。エクササイズクラス、ベーシッククラス、シーンスタディクラスと教えています(ました?)。私がエヌワイで得た知識と経験をギュウッとギュウ詰めにした演技クラスで、今現在はベーシッククラスを経てOKが出た生徒が受講出来るシーンスタディクラスのみ教えています。

そして、前置きが長くなりましたが、そのシーンスタディクラス受講者の中の希望者のみが出演する、

Theater LOV受講生による試演会
「チェーホフ短篇集〜『悲劇の人』『熊』〜」

を上演致します!
演出しております!!

出演者は5名。
うち、初舞台が2名、7年ぶりに演技する者が1名、4年ぶりが1名、舞台3作品目が1名、というスリル満点な出演者です!!!!!
ひゃっほーーーい!!!!!
そりゃもう、色々大変ですよ、大変なことしかないですよ、大変になることは想像してたけど想像以上に大変ですよ、そのくらいに大変なんですよ、なんか知らんけど太りましたよ(きっと大変なことによるストレスだ)。

演出というより、教えです。何もかも教えてます。稽古場での居方からホウレンソウから呼吸法から癖から似合う服装から演劇界のことから演技のことまで何もかも。でも教えたからってすぐに出来るわけではない、変わるわけでもない、影響があるわけでもない、あったりまえだけど。それでも、根気良く、忍耐強く、伝え続ける。
本気で泣きたくなるし諦めたくなるし手放したくなるけど、ここまで私を信じてついてくてくれたみんなだもの、泣かないし諦めないし手放さないわ(千秋楽までは)。

と、ここまで書くとヤヴァイ出来になってるんじゃないかと思うでしょう?ノンノンノン!!!
そりゃ演技は発展途上ですよ、でも私の力技で彼らの全力可動域をゴリゴリバリバリ押し広げて、ミチミチと成長しております。
そして、とにかく、みんな、とてもとても、真摯です。作品に対して、相手役に対して、自分に対して、そして演技することに対して。それは、とても素敵だなと思います。だって、キャストが5人いて5人とも真摯に誠実に芝居してる舞台なんて、なかなかないよ?(とか言って彼らの良い所は全力で推します)
みんなの不必要なエゴとかプライドとか羞恥心とかとか、ヒッペ剥がしてます。でもなかなか剥がしきれません、恐怖とか不安とか。
でも。
そんなくだらないもんいらねぇからやれ。
本気で俳優になりたいなら、やれ。

というかね、当たり前のことだけれどなかなか当たり前にできない当たり前のことなのだけれど、
やる か やらない か
なんすよ、やっぱり。
やる子 は遅かれ早かれ結果を出す(仕事が取れるとか売れるとかじゃなくて、伸びる)。
やらない子 は伸びない。
これね、当たり前。
当たり前なのだけれど、やらないのよ。やってる「つもり」なのよ、でも、「つもり」は「つもり」なのよ、やっぱりさ。
やる って腹を括った子は、覚悟した子は、やる のよ、やっぱり。
この差は大きい。
彼らを見ていて、その差は残酷なものだと思った。
そして、だからこそ、私も やらないといけない って思った。
やらないとね、やっぱりさ。
だから、やる よ。

まだまだ発展途上の、
「小声の八頭身」石川統崇
「色白女豹」北村味加
「心優しき映画ヲタク」黒木脩平
「一見イカツく中身はフェミニン」庄大地
「唯一無二の宇宙人」本間真
と、やりますよ。


みんななかなかハンサムだし可愛いし背は高いし鍛えてるしで、なかなかななかなかです。
ここでは伝えきれない稽古の様子は彼らの紹介などは、私のTwitterにて呟いておりますので、チラッと覗いてオヤッと興味を持って頂けたらウハッと嬉しいです。
https://twitter.com/YURIKOHOSHINA

つまり、
1、発展途上の俳優の卵たち真摯な芝居
2、田中壮太郎さんがこの試演会のために新しく訳してくださった台本
3、なかなか観る機会のないチェーホフの短篇「悲劇の人」と「熊」
4、保科由里子初めての翻訳ストレートプレイの演出
5、なんと言っても無料!タダ!!ゼロ円!!!
6、田中さんの新訳を更に今の彼らに合わせて保科由里子がテキレジした上演台本
7、なかなか足を運ぶことのないサザエさんの町、桜新町での上演
8、同時上演される、Theater LOV 第2回公演『ベアトリーチェ・チェンチの肖像』(作/田尾下哲・演出/田尾下哲、田丸一宏)の美術セット・照明をそのまま活かした作品
9、これから売れるだろう(希望)俳優の卵たちの売れてない時代の出演作品を目撃
10、これだけ推しポイントがあるにも関わらず、やっぱり無料!タダ!!ゼロ円!!!

という10点推しで、みなさまに、是非とも足をお運び頂きたいと思います。


Theater LOV受講生による試演会同時開催
2017年4月22・23日(土・日)
11時30分開演
『チェーホフ短篇集〜「悲劇の人」「熊」〜』

作 : アントン・チェーホフ
翻訳:田中壮太郎
演出:保科由里子

<出演>
石川統崇、北村味加、黒木脩平、庄大地、本間真

※入場無料(予約不要・先着150名様) ←無料だょう!!
※開場は、開演の30分前となります。
※上演時間1時間、終演後に紀里谷和明・田尾下哲・保科由里子によるアフタートークを30分ほど予定しております。

*ご予約不要の無料公演ではありますが、
「観に行くよ!」
というご一報頂けましたら跳んで喜びます😊
「観に行くよ!」
のご一報お待ちしております😊

http://www.theaterlov.com

2017年2月17日金曜日

キャク★ホン

ご報告したかと思ってたけれど、ブログではまだお伝えしてなかったです。遅くなりましたごめんなさい。


2.5次元プロジェクト「アイ★チュウ ザ・ステージ」にて、脚本を担当させて頂くことになりました。原作は、恋愛リズムアドベンチャーゲーム「アイ★チュウ」です。演出の田尾下さんと共に、一心不乱に頑張ります。よろしくお願い致します!


http://www.jvcmusic.co.jp/i-chu/stage/

チェーホフの演出

映画監督の紀里谷和明さん主宰Theater LOVでメイン講師を務めさせて頂いてから約半年になります。
ベーシッククラスを終えた時点で、ある一定のテクニックを身につけた、もしくは今後の可能性がある、と判断された生徒のみがシーンスタディクラスにレベルアップ出来るというシステムの中、その、シーンスタディクラス受講者(の中の希望者)のみで、試演会を行うことになりました(説明がまどろっこしくてごめんなさい)。


私が教えるベーシッククラスを経て、私が教えるシーンスタディクラスに通う
石川統崇/海老原恒和/北村味加/黒木修平/庄大地/本間真
の6名が、
共に演技講師を務める田中壮太郎さんにこの試演会のために翻訳して頂く、「チェーホフの短篇」に挑みます。
私を真っ直ぐに信じ慕ってくれてる6名と作品を創ることは、責任重大だけれど(だって彼らを絶対に輝かせたいし、その責任はいつも以上に私に掛かっている)、でも、絶対に楽しい時間になると思う。し、楽しい時間にしたい。共通言語を持ち、同じ方向をみる彼らとの稽古は、たくさん大変なことがあるとは思うけれど(だっていつも以上に私が引っ張らないといけないだろうから)、それでも、絶対に楽しい時間になると思う。


私としては、初めての翻訳もののストレートプレイの演出になります(いや、2本目?か??)。
演劇に対して、演技に対して、真摯に誠実に向き合う彼らの想いと情熱に触れにいらしてくださいませ。
お待ちしております。


そして、同時に(というか、こちらがメインの公演になりますが)、Theater LOV第二回公演として、大変お世話になっている(私が脚本で参加させて頂いている「アイ★チュウ」の演出家でもある)田尾下哲さんが演出の「ベアトリーチェ・チェンチの肖像」が上演されます。


併せてご観劇頂けたら、嬉しいです!


2017年2月12日日曜日

5年ぶりの三羽荘まであと2週間(とちょっと)

ということで。
5年ぶりの「三羽荘」まで約2週間となりました。
いやはや。

みんなでアイデアを出して、それを色々繋げたり切ったり貼ったりしながら台本を書いてます。
本を書くと、演出としての視点も自ずと含まれます。
けど、自分も出演してます。
から、なんかゴニャゴニャしてます。
そして自分の下手くそさにイライラします。
でも、別に今のゆりぴーで良いじゃん、とこの空白の5年間もずっと現役女優やってる家塚あっちゃんとまりゑは言います。

私はこの5年間に、活動範囲が変わりました。変わった?広がった?っていうのかな?
演出したり脚本書いたり教えたり。
出演はグググッと減りました。
いや、今でもお声を掛けて頂けたら出ます!出ますよ!!
でも、お声を掛けて頂くのは、演出か劇作か教えがほとんどですねぇ。。(それはそれでとっても有難いことです、ありがとうございます!!)

でもね、MCやったり司会やったりラジオやったりで、
人前に出て喋ってはいます。
去年も舞台に立ってるので、セリフも言ってます。
やってないのは。。。歌だよ!歌!
私日芸の声楽コース卒だけどね!
この5年間、ほっとんど歌ってないよ!
チームホッシーナでオリジナルミュージカル作ったしね、
ミュージカルの演出もさせて頂いてるけどね、
私自身が人様の前で歌ってないよ!
ウケるよ!
つーかビビるよ!
なんかどうして良いか分からんくてゴニャゴニャだよ!
いえぇあああああああああああああ

ということで。
色々あるけど。がんばります。

三羽荘らしい、歌と踊りとお喋りの、笑いと涙のミニミュージカルです。

「三羽荘〜5年間の空白〜」
出演:家塚敦子・保科由里子・まりゑ
演奏:高野直子
2017年2月28日(火)
1回目:16:30開場 / 17:00開演
2回目:19:30開場 / 20:00開演
(全席自由。完全入れ替え制。上演時間は1時間強を予定しております)
@北参道ストロボカフェ(http://www.strobe-cafe.com/kitasando/access/
渋谷区千駄ヶ谷4−3−10ニューベリー千駄ヶ谷B1
3500円(1ドリンク込)
*北参道です*(表参道じゃないし、原宿店でもなくて、北参道ですっ!)
ご予約は
yurikohoshina0903@gmail.com
まで。

*夜の回は既にかなりご予約頂いております。ご希望の方は超お早めのご予約をオススメ致します!

「三羽荘」とは、都心から少し離れた小さな街にある三羽荘というアパートに住む女子三人(家塚あっちゃん、まりゑ、私)の、人生とか人生とか人生を語っちゃったり歌っちゃったり笑っちゃったりする作品です。
今回の「三羽荘〜5年間の空白〜」は「三羽荘」シリーズの第三弾で、読んで字の如くの5年ぶり。
5年ぶりに、「三羽荘」の3人が集まります。

2017年1月19日木曜日

5年ぶりの三羽荘

5年ぶりに。
三羽荘の女子3人が。
帰ってくる。



「三羽荘〜5年間の空白〜」 出演:家塚敦子・保科由里子・まりゑ 演奏:高野直子 2017年2月28日(火) 1回目:16:30開場 / 17:00開演 2回目:19:30開場 / 20:00開演 (全席自由。完全入れ替え制。上演時間は1時間強を予定しております)
@北参道ストロボカフェ(http://www.strobe-cafe.com/kitasando/access/

) 渋谷区千駄ヶ谷4−3−10ニューベリー千駄ヶ谷B1 3500円(1ドリンク込)
*北参道です*(表参道じゃないし、原宿店でもなくて、北参道ですっ!)
ご予約は yurikohoshina0903@gmail.com
まで。 私、歌う。かも。


「三羽荘」とは、都心から少し離れた小さな街にある三羽荘というアパートに住む女子三人(家塚あっちゃん、まりゑ、私)の、人生とか人生とか人生を語っちゃったり歌っちゃったり笑っちゃったりする作品です。
今回の「三羽荘〜5年間の空白〜」は「三羽荘」シリーズの第三弾で、読んで字の如くの5年ぶり。
5年ぶりということにも驚くし、5年経っても3人ともこの業界で生きてる(私はギリギリだけど)ことにも驚くし、5年経っても3人が仲良しということにも驚く。だって、5年よ?!そこそこ長いよ!!!!!


お声が掛かったらいつでもお引き受けする所存の俳優業ですが、去年は、池田有希子さんプロデュースの舞台にチョロリと出演させて頂いたのと(しかも、英語と日本語、しかも、ノルウェーのオスロの劇場)、チームホッシーナKIDS公演その3「三角くんと四角くんとかくかくしかじか」という二人芝居で、クローズドな学校公演の時に代役で出たっきりの2回。一昨年も数回。
そしてMCやったりラジオやったりで人前に出たり喋ったりはしてるけれども。
も。
人前で歌うのはまぢでがちでちょーーー久々なので、まぢでがちでビビってます。てゆうか、本当に歌うのか?